« スポンサードリンク »
ホーム » » カネボウから「漢方セラピー」がでました

カネボウから「漢方セラピー」がでました


山崎豊子さんの「白い巨塔」で扱わたのは西洋医学でした。
それと対極にある東洋医学は、じんわりと効いてくるという
イメージです。

漢方セラピーでは、体に無理なく、その人にあった薬を
処方しますので、体の治癒力を活かして、無理なく無駄なく
体を正常に戻してくれます。

今、カネボウから「漢方セラピー」を全国ドラッグストアで
取り扱うことになりましたので紹介します。
漢方セラピーのサイトをチェック!

まずサイトにいって使ってみたい症状がたくさんあって
困ったのですが、にきび、慢性鼻炎などに効果がある
「荊芥連翹湯」を服用したくなりました。

個人的に鼻炎が昔から慢性的で苦しんでますので、
また開発にも非常な努力した製品を試してみたく
なりました。

漢方のイメージが、無理なく無駄なく体を正常に戻して
くれるという先入観がありますので、
毎日取り続けることで、自然に治っていくような
感じがします。

「漢方セラピー」には、風邪や鼻炎などの症状のほか、
「冷え性」「ストレスによる不眠」「むくみ」「尿の悩み」
など、悩みを抱えたまま対処していない16症状、
様々な症状に対応した42品で構成されていますので、
まったく該当しない人は皆無とっていいくらいの
バリエーションが取り揃えられています。

ご興味をお持ちの人は漢方セラピーのサイトをチェック!



タグ /
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。