« スポンサードリンク »
ホーム » フード » おもてなしの気持ちを辛子明太子の美味しさで大切な先様に届ける

おもてなしの気持ちを辛子明太子の美味しさで大切な先様に届ける


わたし福岡出身の辛子明太子には目がないものです。
ですから明太子には少しうるさい。
おいしい明太子は確かにおいしいし、どこで買うかは限られています。
そのおいしい明太子をあつあつの白米と一緒に食べるのは至極の時です。
あつあつの白米と一緒に食べる組み合わせって日によって違います。
あるときは、ぶっかけ卵であるし、あるときは、納豆のときもあるし。
あるときは、卵と納豆と明太子をまぜるときもあります。
これがまたおししい!
日本人に生まれてよかったという実感を感じませんか?
おいしい明太子があれば探して食べますし、噂を聞けば試します。
あつあつごはんとのベストミックスを確かに探求している自分は
すごいと自画自賛です。
そんなとき須弥山の明太子をサイトでチェックしてみました!
サイトだけのチェックですがこれはすごいと感じました。
須弥山の明太子はほんものですよ。
あたりまえの理由を除いた理由は、
◆写真の明太子がぷりぷりしてうまそうだ。
◆匠のたれに純米大吟醸「寒山水」を加えていること。
以上の2点は明太子好きの私のの気持ちをとらえました。
ぜひ一度、須弥山の明太子をサイトでチェックしてみましょう!


タグ /
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。